うつかもと思ったら専門病院へ|誰でもなり得る病

深刻化を防ぐ為に出来る事

落ち込む男性

現代病とも言われるうつ病は誰にでも起こりうる病気です。気になる症状がある場合、そのままにしてしまうとどんどん進行してしまう可能性があります。その為、速やかに専門のクリニックに行き、治療を開始する事が大切です。

More Detail

心身に様々な影響が出る

ハート

心身に様々な影響が出る

うつは、最近多く取り上げられる問題となっています。軽いうつ状態に陥ったことがあるという方は多いのではないでしょうか。多忙な場合や、心に大きなダメージを受けることがあるとなりやすいものです。気分が落ち込んでしまう状況がしばらく続き、そのあと徐々に良くなったという経験をしたことがある方もいるでしょう。場合によっては頭痛や吐き気、倦怠感などがあったかもしれません。一時的な物であればだれもが経験することといえますが、それがずっと長期間続くということになると、生活にも大きな影響を及ぼしていきます。それがうつ病という状態です。とにかくやる気が起きない、物事を考えられないという思考の面の変化はもちろんですが、他にも体にいろいろな悪影響が出てきます。睡眠のリズムが崩れたり、常にだるさを感じたり、他の病気と疑うような症状が出ることもあります。こういった状態が長く続けば、通常の生活を続けていくことは難しくなるでしょう。心の問題として片付けがちなものではありますが、うつ病は病気であり、治療ができるものです。このことを意識しておく必要があります。自分の心が弱いからだといって自分を責め続けてしまい、今の状態を続けようと無理をし続けることで、よりつらい状況になることも多いものです。つらい状況を長く続けてしまうことで症状が悪化し、治療も困難になっていくということもあるのです。自分の気持ちや体の変化に敏感になり、異変が続くようであれば病院を受診することを考えてみるとよいでしょう。病院では問診や検査をして、うつ病かどうかの診断をします。診断を受けることで気持ちが楽になり、状態が良くなるということもあります。得体の知れない状態は不安をあおりますが、はっきりさせることで自分自身も納得することができるので、それがプラスに働くこともあるのです。うつ病ということがはっきりすれば、治療に入ります。抗鬱薬を投与するということが一般的に行われています。それに加えて精神安定剤や、体の症状がでてしまっている場合には、それに応じた薬をプラスすることもあります。必要に応じてカウンセリングなどを行うこともあります。そうして薬の量などを調整し、改善がみられるまで様子を見ていくことになります。薬はただ飲めばよいというものでもなく、その薬が合うかどうかということもありますから、医師の指示のもとに服用する必要があります。他の病気のように、手術をすれば治るというものでもありません。もともとの性質的なものもありますし、受けているストレスが避けられるものかどうかなどによっては、今後どのように付き合っていくかを探っていく必要も出てきます。そのため、治療は長期間にわたって行われることが多くなります。自分の内面に関わることが聞かれることも多いですし、プライバシーにかかわる話も多くなるので、医師との信頼関係も必要になります。始めに病院を選ぶ際には、話しやすい医師かどうかという事も見ておくとよいでしょう。治療を始めたら途中で勝手にやめるのではなく、治療が終わるまでしっかり医師と二人三脚で乗りきっていく必要があるのです。

無気力な状態は病気かも

女性のイラスト

心身共に様々な症状が出てしまううつ病は決して珍しい病気ではありません。誰でも発症してしまう可能性があるのできちんと対応の仕方を覚える事が大切です。また抗うつ剤を服用する事で症状の改善を図る事が出来るので、きちんと病院に行く事をお勧めします。

More Detail

うつかなと思った時は

診察

真面目な頑張り屋の人ほど、自覚がなく疲れやストレスが過剰に溜まり「心の風邪」と言われるうつになりやすいです。うつの初期症状は、自律神経の乱れやホルモンバランスの崩れからくる睡眠・食欲・性欲の変化、めまいや発熱等の体調不良が挙げられます。

More Detail

TOP

Copyright © 2017 うつかもと思ったら専門病院へ|誰でもなり得る病 All Rights Reserved.