うつかもと思ったら専門病院へ|誰でもなり得る病

無気力な状態は病気かも

女性のイラスト

周りの人の協力も大切

気分が落ち込み、マイナスな事ばかり考えてしまう、どこが悪いとは一概に言えないが体調が悪い日がずっと続いているなど、気になる症状がある場合、実はうつ病を発症している可能性があるかもしれません。この病気は実は大変身近な病気であり、ただやる気が無いという訳では無く、脳が何らかの影響により正常に働いていない状態のことを言います。そんなうつ病患者が増加傾向にあり、多くの人が様々な症状に苦しめられているのが現状です。そこでもしこの病気を発症してしまったら、病院できちんと診てもらうことをおすすめします。この場合の病因は精神科や心療内科であり、きちんと通うことで、早期解決を目指すことが出来るでしょう。病院では薬の処方や精神療法が行われます。処方される薬には抗うつ剤があり、症状の改善に効果を発揮してくれるでしょう。この抗うつ剤ですが、いくつか種類がありそれぞれ効能が異なります。主に使用されている物には、三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬、SSRIにSNRI、NaSSAなどがあるでしょう。三環系抗うつ薬にはアモキサンやトフラニールなど種類があり、沈みがちな気分を改善する働きや幻覚や妄想などを抑制する働きを持っています。四環系抗うつ薬にはルジオミールやテトラミドがあり、意欲や気力を改善したり、深い睡眠を得たりといった効果があるでしょう。SSRIは精神状態を安定させる効果や不安な症状を改善する効果があります。SNRIは脳内神経伝達物質の調整を行い、NaSSAも同じく、不安定な精神状態を改善する効果を持っているでしょう。また、その他にも眠れない方には睡眠薬の処方など、様々な薬が利用されています。さらに、病院では薬の処方にプラスして、様々な角度から患者さんの心にアプローチを掛けていきます。決して無理強いすることは無く、共感し、安心させるところから初めてくれるでしょう。うつ病を発症している場合、心身ともに支障をきたし、精神的にも不安定な状態になってしまいます。その為、無理に何かをさせようとしてしまえば、逆にそれが負担になってしまう場合があるでしょう。その為、頑張れと応援したり、なぜ無気力なのかと怒ってしまったり、そのような間違った接し方をしてしまえば、どんどん引きこもりになってしまうの可能性が高まります。もし、周りにそのような状態の人がいる場合は、あまり焦らせてしまってはいけません。自分で改善しようとしても、そう簡単に症状を改善させることが出来る病気という訳ではありません。病院に通う場合でも長期的な薬の服用と、通院が必要になってしまう場合があるので、しっかり通うことが大切です。また、周りの人もきちんとサポートを行い、ケアすることが大切です。うつ病は現代病とも言われる病気であり、決して他人事では無い病気でしょう。もしかすると身近にそのような症状の人がいるかもしれないので、気になる症状の人がいれば病院に連れて行くことなどで、早期解決を目指すことをおすすめします。その為にも、まずはどのような病気なのかを知り、それに対する対応の仕方をしっかりと身につけることが大切です。是非皆で協力をして、症状の改善を図りましょう。

TOP

Copyright © 2017 うつかもと思ったら専門病院へ|誰でもなり得る病 All Rights Reserved.